クルマ

一晩悩んだが、尻フェチは譲れない

更新日:

リアバンパーにかけてのラインがAUDIはたまらんな~!
写真は2017年に中国と北米で販売開始となるであろう、RS3セダン。
セダンなんてオッサン臭い乗り物(偏見w)と考え、これまで欲しいと思わなかったが、
唯一このデザインなら許せるのが、A3系セダン。

S5スポーツバックに決めかけていたが、重量で萎えたので(それでも前モデルからは大分軽量化されている)、RS3セダンが日本で発売されるのを待ってもいいかも。
欧州仕様では400PSに出力アップされ、オプションでカーボンファイバーセラミック製ディスク(フロント)と、TT-RSと同じサイズ(255/35 R19)のフロントタイヤをチョイスできる。コンパクトセダンに255mmは中々の迫力。

~余談~
S5 SBの1735kgは、ALPINA D3ビターボツーリングとほぼ同じ車重。
それだったらD3の方が走りも実用性も上位なので、D3にするか、もしくはS4アバントで妥協するかと迷いが生じてしまう。
ならいっそ、セグメントを1つ落としてデザインにも車重にも妥協しないモデルを選び直そうじゃないかと発想の転換に至った次第。

わざわざGLA 45から買い替える意味あるのか!?とのツッコミはなしでw
一応4気筒から5気筒にはなるよw
rs3-1rs3sedan%e3%81%8a%e5%b0%bbrs3-2rs3-3

-クルマ

Copyright© NOJIL 4-8 , 2017 AllRights Reserved.