大航海時代online 音楽、オーディオ

徐かなる夜明け

更新日:

白兵スキル全練成を終え一息つくことができた。
さぁ、始動だ!

本日の曲

チャイコフスキー交響曲 第4番 第4楽章
伝説の盤と云われる1976年のカラヤン指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
戦闘前に聴くとテンション上がること請け合い!

作曲の経緯

1877年にヴェネツィアを訪れたチャイコフスキーは、当地の風光明媚なスキャヴォーニ河岸にあるホテル・ロンドラ・パレス(当時はホテル・ボー・リヴァージュという名であった)にてこの曲を書き上げた。ホテルの壁面には「ロシアの偉大な作曲家、ピョートル・イリイチ・チャイコフスキーが、1877年12月2日から16日まで滞在し、ここで4番目の交響曲を作曲した」と彫られた碑文が掲げられている。

この時期、メック夫人がパトロンになったことにより、経済的な余裕が生まれた。これによってチャイコフスキーは作曲に専念できるようになり、これが本作のような大作を創作する下地となった。このことに対する感謝の意を表して、本作はメック夫人に捧げられた。

なお、1878年3月1日づけ(ロシア暦、同2月17日付)の有名な手紙の中で、チャイコフスキーはメック夫人にあてて、この交響曲のプログラムに関する説明を試みている。この手紙は、交響曲第4番についてのみならず、彼の創作全般についての示唆を与えてくれる、貴重なものである(外部リンク参照)。

初演は1878年2月10日(旧暦。新暦では2月22日)サンクトペテルブルクにて、ニコライ・ルビンシテインの指揮により行われた。

第4楽章

Finale: Allegro con fuoco ヘ長調、自由なロンド形式。全体の構造はA-B-A-C-B-A-C-B-主想旋律(ファンファーレ)-Coda

チャイコフスキーがフォン・メック夫人に宛てた書簡では、「この世は暗黒だけではなく、この楽章で示されているように多くの素朴な人間の喜びがある。たとえ我々は馴染めずとも、その喜びの存在を認め、悲しみを克服するために生き続けることができる」としている。この「苦悩から喜びの勝利へ」「暗から明へ」という交響曲のパターンは、ベートーヴェンの交響曲第5番以降、19世紀交響曲の一種の定石となった筋である。本曲もそのような構成の交響曲である。

実演では消えるように終わる第3楽章のあと、休みなく続けて演奏されることがある。この楽章の冒頭Aの部分は、突然トゥッティで開始されるため、びっくりシンフォニーのような効果を狙う指揮者がいる。

冒頭Aの部分でロンド主題を提示すると、曲はすぐにBの部分、副主題の提示へ移る。このBの部分は比較的大人しく経過し、2回目のAのロンド主題で再び曲は爆発する。この爆発の後の経過句もまたトゥッティでエネルギーを発散するが、やがて曲調が暗くなりCの部分へ入る。Cの第2副主題ははじめは大人しいが、変奏を繰り返すうちにエネルギッシュになり、チューバが主題を吹いたところで頂点となり、一時曲は静まる。第2の経過句ともいえる部分を経て、3度Aのロンド主題が登場し、次いでAの経過句も再現される。続いてBが再現されるが、ここではファンファーレの再来に備え悲しげな曲調で再現される。Cは金管の強奏で圧倒的な緊張感をもって再現される。

Cの再現が頂点に達すると、ファンファーレが金管楽器群の一斉の強奏で第1楽章冒頭を再現し、それまでの勝利を確信した流れを一転させる曲調へと変わる。第1楽章の第1主題が顔を出しそうな雰囲気になり、曲の先行きも怪しくなる(実はこのファンファーレの再現の際にティンパニーの強打時には、シンバルとパーカッションも加わり曲の勝利への流れは密かに継続してはいる)。短い持続低音の後、Aの部分の経過句が静かに現れ、次第に力強くなりコーダになだれ込む。ロンド主題が金管楽器中心に力強く奏される。やがて第2副主題も長調で金管楽器により力強く奏され、終結部に至り曲を力強く結ぶ。

この楽章の第2副主題(C)はロシア民謡「白樺は野に立てり」("Во поле берёза стояла")による。

~ Wikipedia より抜粋 ~

-大航海時代online, 音楽、オーディオ

Copyright© NOJIL 4-8 , 2017 AllRights Reserved.